今の公認会計士資格試験の傾向について

沢山の領収書やレシート

公認会計士を目指しているという人たちは、あなたの周りにもたくさんいるかもしれませんね。しかし、そんな人たちの中から実際に公認会計士になることができる人間というのは、ほんの一握りなのかもしれません。

諦めなければいつかは合格することができるのかもしれませんが、多くの人たちは途中で挫折してしまうことになります。今まで頑張ってきたんだから、ここで諦めては勿体ない。

なんて思ったりはするのですが、他にやりたいことができたりすると仕方ないのかもしれませんね。そんな公認会計士の試験が超難関試験だなんて言われていますが本当にそうなのでしょうか?

過去と比べたら

確かに、過去にはかなりの倍率を誇っていたと言われる公認会計士試験ですが、最近では比較的合格率も上がってきたなんて言われています。

その理由としては公認会計士が社会的にどんどん必要とされる状況になっており、絶対数が不足しているからだと考えることができるでしょう。

しかし、数が少ないからといって頼りない人でも合格させてくれるような甘い仕組みには決してなってはいません。何年間も試験に挑み続けているという人たちだって、まだまだ多いのが現状なのです。

会社の監査を責任を持って行うという職業なのですから、これは当然のことだといえるかもしれませんね。

変わりつつある試験制度

過去の試験制度とは変わりつつもある公認会計士試験ですので、あまりに古い情報を鵜呑みにすると後で恥を掻くかもしれません。

どうせ調べるのならば最新の情報をしっかりと入手して、万全の状態で試験に備えることにしましょう。あまりにも過去の問題ばかりを解いて、分かった気になってたら痛い目をみることになってしまいますよ。